TOP > TOPIC > 7月10日は納豆の日

7月10日は納豆の日

カテゴリー: TOPIC    2013年7月10日

全国納豆協同組合連合会が1992年に「納豆の日」と定めたことに由来するようです。



その全国納豆協同組合連合会が、「納豆に関する調査」調査結果報告書(PDFファイル)を先日発表しています。

それによると…


納豆を食べる頻度
約四分の一の人が「2〜3日に1回」は食べると回答していて、「週に1回以上」食べる人は、67.6%になります。
地域別に見ると、東日本では平均より5ポイント以上多い一方、西日本では、15ポイント以上低くなっています。

納豆を食べない理由
「臭いが嫌い」が52.9%と最も高く、「昔から食べる習慣がない」「ねばねばした食感が嫌い」と続きます。やはり、西日本での回答率が高くなっています。

納豆の健康効果の認知度
よく知られている順に「整腸効果」「美容によい」「コレステロールを抑制する」「血栓症を予防する(血液サラサラ)」と続きます。

健康情報の入手先
圧倒的に「テレビ番組から」が74.4%と多く、次いで「インターネットから」が17.9%となっています。


ちょっと驚いたのが、期待できる効果としてあがっているのが…

  • 整腸効果
  • 美容に良い
  • コレステロールを抑制する
  • 血栓症を予防する
  • 抗菌・殺菌効果
  • 動脈硬化を予防する
  • 肌が綺麗になる
  • ダイエット効果がある
  • 骨を丈夫にする
  • 脂肪の燃焼を促進する
  • 大腸がんを予防する
  • 長寿効果がある
  • 若返り効果がある
  • 風邪・インフルエンザを予防する
  • 胃がんを予防する
  • 記憶・集中力が向上
  • 花粉症に効果がある
  • 肝機能障害を予防する
  • アトピーに効果がある

これほどあるんです(ちょっと似通った内容もありそうですが)。


ナットウキナーゼは認知されている様子
納豆を食べることで摂取しようとしている栄養素の第1位が「ナットウキナーゼ」、以下「イソフラボン」「食物繊維」と続きます。

ナットウキナーゼについて調べていたら、「日本ナットウキナーゼ協会」なるものを見つけました。
そこによると、血栓は深夜から早朝にかけて出来やすいため、ナットウキナーゼは、夜に摂取する方がより効果的とこのことです。

夏は、汗をかいて体の水分が減りがちでです。こまめな水分補給と納豆を食べるなどして、健康に過ごしたいものですね。

納豆

納豆

 

このエントリーをはてなブックマークに追加