TOP > TOPIC > 仕事をしたら“広告のツボ”が見えてきた(後編):日本企業の広告が、世界で評価さ…

仕事をしたら“広告のツボ”が見えてきた(後編):日本企業の広告が、世界で評価されない理由 (1/5) – Business Media 誠

カテゴリー: TOPIC    2013年10月26日

欧米ではキャラを明確にしないと通用しないわけです。自分たちの企業とは? 自分たちがつくった商品とは?――こうしたことをハッキリさせないと、ビジネスがやりにくくなるという側面があります。「ソーシャルグッド」は現代版のブランディングの側面があって、いわば企業のコミュニケーション戦略なんですよ。

仕事をしたら“広告のツボ”が見えてきた(後編):日本企業の広告が、世界で評価されない理由 (1/5) – Business Media 誠.

Side view of young man in gorilla costume using laptop at office

Side view of young man in gorilla costume using laptop at office

 

このエントリーをはてなブックマークに追加