TOP > TOPIC > 応募総数3,853作品。世界中から選ばれたメディア芸術の展覧会

応募総数3,853作品。世界中から選ばれたメディア芸術の展覧会

カテゴリー: TOPIC    2015年2月12日

2月4日(水)から2月15日(日)まで、東京・六本木の国立新美術館を中心に「平成26年度[第18回]文化庁メディア芸術祭受賞作品展」が開催中です。



j-mediaarts平成26年度は、世界71ヶ国・地域から3,853作品と多くの応募があった文化庁メディア芸術祭。本展では、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門を対象に世界中から選ばれた受賞・審査委員会推薦作品、功労賞受賞者の功績等を展示や上映、様々なプログラムを通じて紹介しています。また、シンポジウムやプレゼンテーション、ワークショップ等のプログラムには、国内外の多彩なアーティストやクリエイターが集い、同時代の表現や創作の世界を紹介します。

厳正な審査で選ばれた、多様なジャンルの作品を一堂に見ることができ、新しい文化的価値を共有するプラットフォームとしても貴重な12日間の作品展。ぜひ、来場してその熱い雰囲気を味わってください。

● 第18回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展
国立新美術館 (東京・乃木坂) 他
2月4日(水)~2月15日(日)
詳しくはこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加