TOP > TOPIC > 世界の制作者たちが憧れる「最高峰」のクリエーティブ賞。そのベストは?

世界の制作者たちが憧れる「最高峰」のクリエーティブ賞。そのベストは?

カテゴリー: TOPIC    2014年11月26日

アド・ミュージアム東京では、2015年3月1日(日)まで「D&AD賞 2014」を開催中です。



英国に本部を置く非営利団体「D&AD」が1963年に創設したD&AD Awards。審査の厳しさで定評があり、世界中の制作者たちが憧れる最高峰のクリエーティブ賞といわれています。

site01
そのグランプリに値する”ブラック・ペンシル”は、人々を驚愕させ、議論をよび、そして新しい時代を切り拓くクリエーティブのみに授与されます。2014年は、D&AD Awards史上はじめて、7つの”ブラック・ペンシル”が授与されるという稀な年に。日本の作品としては6年ぶり2度目の快挙となる「Sound of Honda/Ayrton Senna 1989」が獲得しています。本展では、これら7つの作品をはじめ選りすぐりの作品を紹介。社会のさまざまな問題と向き合い、本気で世の中を変えようとするクリエーティブの力を、ぜひご堪能ください。

● 「D&AD賞 2014」
アド・ミュージアム東京 (東京・汐留)
11月8日(土)~2015年3月1日(日)
詳しくはこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加