TOP > TOPIC > アドビが広告写真のワークフローについての事例を紹介

アドビが広告写真のワークフローについての事例を紹介

カテゴリー: TOPIC    2013年11月27日

アドビが自社のLightroomとPhotoshopを使った広告写真のワークフローについて、株式会社オーエスティーの例を紹介しています。



Adobe Photoshop Magazineのスクリーンキャプチャー

Adobe Photoshop Magazineのスクリーンキャプチャー

株式会社オーエスティーは、名古屋市にある1991年創業の広告写真スタジオ。各種広告用の写真撮影はもとより、ブライダルフォトや個人向けの撮影サービスも幅広く手がけてきた。10年ほど前からは、ウェブサイト「撮影ドットネット」で全国から業務を受注。特殊な依頼にも、迅速なソリューションを提供し続けている。

アマチュアが撮影した写真を、使用に耐えるクオリティーまで底上げする依頼もある。撮影がいいのか、レタッチがいいのかは、クライアントの求めるクオリティー、予算、社内的な効率などを考えて総合的に判断するのだという。

Photshopでのレタッチを、Photoshop Lightroomのワークフローに組み込む」などのTIPSも紹介されていますので、一読あれ。

ユーザー事例 – オーエスティー | Adobe Photoshop Magazine

Male in front of computer screen talking on landline telephone

Male in front of computer screen talking on landline telephone

 

このエントリーをはてなブックマークに追加