TOP > TOPIC > 2013年 本屋大賞決定!

2013年 本屋大賞決定!

カテゴリー: TOPIC    2013年4月10日

2013年本屋大賞に、『海賊とよばれた男』百田尚樹(講談社)が決まりました。

本屋大賞

本屋大賞とは?…

売り場からベストセラーをつくる!

本が売れない時代と言われます。出版市場は書籍、雑誌とも年々縮小傾向にあります。出版不況は出版社や取次だけではなく、もちろん書店にとっても死活問題です。 その状況の中で、商品である本と、顧客である読者を最も知る立場にいる書店員が、売れる本を作っていく、出版業界に新しい流れをつくる、しいては出版業界を現場から盛り上げていけないかと考え、同賞を発案しました。

2013年本屋大賞受賞作品


海賊とよばれた男 上

講談社
2012/7/12発売

「歴史経済小説の最高傑作!」(西川善文・元三井住友銀行頭取」、「『宮本武蔵』、『竜馬がゆく』・・・・・・青春歴史小説の新たな”古典”」(末國善己・文芸評論家)–発売以来、激賞の声が止まない、百田尚樹氏の書き下ろし長編。物語は、敗戦の日から始まる…。


海賊とよばれた男 下

講談社
2012/7/12発売

敵は七人の魔女(セブン・シスターズ)、待ち構えるのは英国海軍。敗戦後、日本の石油エネルギーを牛耳ったのは、巨大国際石油資本「メジャー」たちだった。日系石油会社はつぎつぎとメジャーに蹂躙される。一方、世界一の埋蔵量を誇る油田をメジャーのひとつアングロ・イラニアン社(現BP)に支配されていたイランは、国有化を宣言したため、国際的に孤立し、経済封鎖で追いつめられる…。

アイキャッチ画像:オープンカフェで読書をする女性

 

このエントリーをはてなブックマークに追加