TOP > お知らせ > Illustrator実践からUI設計・ブランディングまで、新刊書籍をご紹介

Illustrator実践からUI設計・ブランディングまで、新刊書籍をご紹介

カテゴリー: お知らせ    2015年1月27日

新刊書籍を5冊ご紹介します。


融けるデザイン

ハード×ソフト×ネット時代の新たな設計論

情報技術の発展にともない、ハードウェア、ソフトウェア、そしてインターネットはますます融け合い、それによって新しい世界の姿が現れつつあります。こうした世界においては、これまでのものづくりとは違う、設計のための新たな発想とロジックが必要です。
本書は、インターフェイス/インタラクションデザイン研究における気鋭の若手研究者、渡邊恵太氏の初の著書です。これからのものづくりのための最重要キーワード「自己帰属感」を軸に、情報を中心とした設計の発想手法を解き明かします。デザイナーやエンジニア、そしてUXやIoTの本質を掴みたい人に、是非読んでいただきたい一冊です。

BNN新社/A5判並製本/モノクロ240P

●販売価格:¥2,592

名刺・チラシ・小冊子を作って覚える!
レイアウトIllustrator教室

紙ものを作るためのIllustrator入門書!

絵を描くことがメインではなく、紙ものをレイアウトするために、Adobe Illustratorを覚えたいという人のための入門書です。名刺、ショップカード、地図、はがき、チラシ、メニュー、小冊子、身近な印刷物を作りながら、レイアウトに必要なIllustratorの基本操作を習得できます。印刷サービスに入稿するときのデータの作り方も収録しています。他の人が作ったIllustratorのデータをちょっとだけ修正できるようになりたい人から、イチから自分でチラシを作りたい人まで、これからIllustratorを始める人にオススメの1冊です!

ワークスコーポレーション/B5/208P

●販売価格:¥2,160

実例で学ぶ! 雑誌デザインのアイデア
─ 人・物・場所から考える誌面の見せ方

実力派デザイン事務所10社の現場ノウハウ!

実例130点を収録した雑誌デザインのアイデア見本集!実力派デザイン事務所10社が手掛ける媒体の中で、基本を押さえながらも、特にデザイン的に優れている誌面を抜粋。企画のコアとなる素材やテーマ~人・物・場所~に大きく分類し、さらに誌面で伝えたい内容・目的ごとに分けて紹介しています。
誌面のデザインのポイントは、それぞれのアートディレクターに取材してまとめたものです。全体的な構成や、デザインのディテールなどを解説しています。誌面作りに役立つ実用的なアイデアが満載です!

ワークスコーポレーション/B5/144P

●販売価格:¥2,592

新しい価値を生み出すためのブランディングプロセス

これ1冊でブランディングのノウハウがわかる!

今やブランディングは商品だけでなく、ショップやエリア、企業や地域の団体まで幅広いジャンルで必要とされています。本書では、本当に売れる、新しい価値 を生み出すブランディングの作り方を紹介します。コンセプトからクライアントへの提案、そして完成作品まで、クリエイターたちがどのようにブランドを作り 出していくのか、そのプロセスを紹介します。

パイ インターナショナル/A4判変型/192P

●販売価格:¥10,584

年鑑日本の空間デザイン2015

過去1年間の優れた空間デザインを総覧できる書籍として1973年に創刊した「年鑑日本の空間デザイン」。空間デザイン4団体(日本空間デザイン協会 (DSA)、日本ディスプレイ業団体連合会(NDF)、日本商環境デザイン協会(JCD)、日本サインデザイン協会(SDA))のアワード作品を収録。
2015年版では、各協会の横顔とそのアワードを詳しく紹介。

六耀社/菊4判/432P/ハードカバー

●販売価格:¥19,440

 

このエントリーをはてなブックマークに追加